いぬの気持ちを大解析➀!!眠たいけど寝るのを我慢する可愛い犬の気持ち!!と、裏に隠れている注意すべき点!!

こんにちは、ファルちゃんです!!
IMG_1450.jpg
皆さんの愛犬のワンちゃん達は、寝る時は自分の家やクッションの上などで寝ていますでしょうか??

犬は一日の半分を寝て過ごすと言われています。

そこで、皆さんはそんな一日の半分を寝て過ごす犬が時折見せる、寝る体勢ではない体勢の時にウトウト寝ている姿を見たことはないでしょうか??

そんな睡魔とたたかっているワンちゃんを見るととても可愛いんですよねぇ!!

そこで、今回は睡魔とたたかってウトウトしているいぬの気持ちを紹介していこうと思います!!




<犬の寝る時の気持ち>
基本的に犬の睡眠は、一日の半分を寝て過ごすと言われています。

そして、寝方などは犬によってさまざまで、「夢で吠える子」や「飼い主に寄り添って寝る子」「枕に頭をのせて寝る子」など様々な寝方をします。

寝る場所についても、日向に行ったり暑くなったら冷たいフローリングにいったりと犬が気持ちよく寝られる場所に移動を繰り返します。

犬が寝る時は、基本的に「寝転ぶ」「伏せ」「丸まる」といった、体勢で寝ることがおおいです。

しかし、眠いけど目を閉じずに我慢して、ウトウトしながらお座りしている犬を見たことはないでしょうか??

そんな可愛いしぐさをしている、愛犬を見るとよりいっそう好きになる事でしょう!!

そこで、眠たければいつも通り寝れば良いがなぜ眠気とたたかっているのかという犬の気持ちについて考えていきましょう!!

もしかすると注意しなければいけない点もあるかもしれないので要注意です!
IMG_0921.jpg

気になる~!!


基本的に長い時間家にいる時は、自分のテリトリーが多く寝る場所がある程度決まっている為、決まった場所で寝転んで寝ていると思います。

でも、非日常的なことが怒ると気になって寝る事ができません。

例えば、天災の「台風」「雷」がその一つです!!

普段聞きなれない音であるにもかかわらず、かなり激しい音量が犬の耳に届くため驚いてしまうのです。

そんな状況の時と重なって睡魔に襲われたりすると「本能的に寝るという事」と「気になる!」という警戒心から、いつでも逃げられるような体勢のままウトウトと寝る事があります。

その光景を見たときは、相当眠い状態に犬はなっているので安心して寝られるよう、飼い主さんの膝の上などで気持ちを落ち着けて寝かしてあげて下さい!!



まだ、遊びたい!!


IMG_0842.jpg
子供の頃に多い犬の気持ちになるのですが、遊んでいる途中やボールを噛んでいる途中で急にウトウトしだしたことはないでしょうか??

この時の犬の気持ちは、皆さんが推測できる通り「眠いけど遊びたい!!」という、気持ちが勝っているという事です!!

子犬の事は、どんな遊びをしていても楽しく何度やっても辞めないぐらいに遊びます。

ですので、自分の疲れや眠気以上に遊びたいという気持ちが勝ち、体が気持ちについていかない状況になっています!!

この場合、少し注意しておいた方が良いことがあります。

子犬の場合は、自分の体力が分からず、ゼロになるまでエネルギーを使い果たしてしまう為、ストレス発散を飛び越えて疲労が残ってしうのです。

疲労が残ってしまうと、内臓系に支障がでて下痢食欲不振などを起こしてしまう可能性があります。

成犬になると自分の体力も分かってくるので、疲れると遊ぶことを辞めるのですが、子犬は自分で調整が出来ないので、飼い主さんが子犬の様子を見ながら遊びを終了させるようにしてあげましょう。

愛犬のファルも子犬の頃、遊びすぎお腹をこわす事が何度かあり心配しましたので、皆さんも注意してください!



体が何かおかしいなぁ??


上記の内容以外では、あまり座ったまま寝るという事はしないのですが、まれに体調が悪く座ったまま寝る姿勢をとる事があると言われています。

そのような場合の犬の気持ちというのは「しんどい」の一言です。

特に老犬に多いと言われているのですが、内臓系の病気を発症している可能性があります。

なぜ「しんどい」のに座ったまま寝るか??と疑問を抱いた方もいると思います。

伏せや寝転んで寝ていると、内臓があっぱくされ負担がかかりやすい体勢になりしんどい為ので座ったまま寝るという事があるそうです。

老犬になり一番なりやすい病気と言われているのが「心臓病」でしょう。

心臓病になると人間と同様に血液中の酸素が低下してしまい呼吸がしずらくなり、運動量も極端におちます。

犬の場合、老犬になると心臓病になる確率も高く珍しい病気という事は内容です。

さらに、老犬になり少し動いただけで激しい呼吸をしているのを見ると歳を取って体力がなくなったなぁと勘違いする飼い主さんも多いそうです。

心臓病以外の病気の可能性もあるので、いつも取らなかった行動をとるようになった時は注意が必要かもしれませんね!
IMG_1370.jpg

まとめ


いろいろな場面での眠たい時の犬の気持ちをお伝えしてきました。

人間同様に犬にとっても睡眠というものは大切で、寝る事で体力を回復させ健康を維持させていると言っても過言ではありません。

ですので、今回お伝えした犬の気持ちを考えつつ安心してん寝ることが出来る環境ずくりをしてあげることと、ちょっとした犬の行動の変化に気付いてあげられるよう努める事が大切です!!

オススメ記事】
・犬の「爪切り」の方法を伝授!!
  https://doremifalu-channel.seesaa.net/article/472827211.html
・犬の免疫力を今すぐチェック!!
  https://doremifalu-channel.seesaa.net/article/472760299.html



この記事へのコメント